MIXの手順 その3 マスタートラック編

前回までで一通り各トラックの処理についてかきました。

今回はマスタートラックの処理です。

完全に自己流かつ、まだまだ修行中なので

多分変なとこあると思いますし

書いてある通りにやってもうまくいかないじゃん

などあるかと思いますが、

試行錯誤しないと上手くならないと思うので

試行錯誤する際のヒントにでもしていただけたらと。

 

マスターに挿すプラグインですが

Wavesのcenter

WavesのS1 stereo imager

WavesのL3LL

です。

音には直接関係ないですがスペアナもさしてます。

スペアナはマスターに入れとくと便利。

 

各設定は

Wavesのcenter

センターにBASS、サイドにTREBLEとPUNCH

全部最大値にします。

で、それぞれ3dbくらいフェーダーをあげてブースト。

アウトプットをさげて音量はエフェクトオフ時と同じくらいになるようにします。

 

WavesのS1 stereo imager

WIDTHのみ設定を変えます。それ以外はデフォで。

音像がワイドになる方向にフェーダーをあげます。

ワイド過ぎても変なので良い感じのところで。お好みで良いと思います。

 

WavesのL3LL

OUTPUTは0db。スレッショルドはマスタートラックのメーターを見ながら、ほしい音圧になるまでフェーダーをさげます。

スペアナを見つつ、周波数のバランスが整うように、EQ部分を調整。

最後のEQ部分の調整時にスペアナのギザギザのやつ(名前がわからんw)が大体まっすぐな感じになってる方が音圧は上げやすいのですが、もし特定の周波数帯が大きい場合は、前回までの各トラックでのEQの住み分けができてなかったり、アレンジ的に周波数が被ってるようになってると思われるので、そこまでもどってやり直し。。

一度バウンスしてリファレンスと比較してみて、音圧的に同じくらいになってるか聴き比べても良いと思います。

 

今回の一番のポイントは

マスターにS1をさしてるとこです。

今までかなーーーーりググって色々調べたり

詳しい友人に聞いたりして

どうしたら音圧上がるかとか

音が抜けるかとか

試行錯誤したんですけど

S1をマスターに挿すってのはどこからも出てきませんでした。

なのでぶっちゃけ間違ってるかも。

でも、音圧あがりますよ。

あと横の広がりが全然違う。

不自然でもないし。

 

MS処理はやったことなくて。

非常に手間がかかるイメージあるし。。

でもそれっぽくなるのでこれでも良いかなと。

今後も試行錯誤です!

 

ということでMIXの手順シリーズは一旦これで終わりです。

では!